金魚

茜さす

久しぶりにキタコレ的なものが撮れましたのでアップ。


うん、このヒレ文句なしにかっこいい。

image




正体は更紗?琉金でした。

image




この赤がなんとも綺麗です。

image



被写体が金魚なのが・・・。

まぁ、天気が微妙で外にあまりいけませんでしたからね。。

お陰で東京から東側、北側のショップをぐるりと廻ることができました。

おかげでまた予定外の金魚がうちにきました。

image



蝶尾です。

『ちょうお』ではなく『ちょうび』と読みます。

こないだまで、自分は『ちょうお』と思っていました(笑)

キャリコ柄も。

image



出目金ぽいですが、このヒレが蝶尾の証。

上から見ると、ほんと蝶のように広がるんです!

image




蝶尾はヒラヒラと動くのがいいですね~(^^)

あとは上から見て、その蝶のような尾びれを眺めてみたいものです。

今日はこのあたりで・・・。

忘年会で飲み過ぎました。。





続きを読む

一時帰省と新入り4

こんばんは~

先週末から妹の結婚式で帰省しており、すっかりブログをサボっておりました。

最終日、飛行機に乗る前に一時間ほどタナゴの釣査に行きましたが、タナゴは釣れず。

今夏、野良さんと廻った鉄板ポイントも水ほとんどなくてダメでした。
残念・・・。

近くの池も攻めてみましたが、縞タナゴが一匹のみ(T^T)

また次回の楽しみにしておきます。。



その他、楽しかったのは高校の同級生の新築祝いで、何人かの友人とサプライズで再会。

やはり自分の故郷っていいものです。
これは変わりようはないんですね。

現在、埼玉に住んでますが10年経っても“地元”って意識を持てません。たぶん、一生。

そういうものなんだろうなぁ~と最近やっと割りきれるようになりました。


その代わり、趣味の世界、とくにアクア関係では、現在の住まいの方が『かなり』恵まれています。
よくできてますね~

それこそ雲泥の差。

自宅から一時間圏内には名だたるショップの数々。

特に都内は会社帰りに寄れますしね。
これは楽しまないと~!!

この地の利を活かして、帰省前に葛飾区にある「金魚の吉田」に行って参りました。


新入りです。

image


出目ピンポンパール。


image


これまたブサイクですな~(笑)

image


控え目な出目でピンポン、虎柄となかなかいないので、こりゃ面白い。
しかも国産ぽい。

image



ここのところ、導入した桜錦が★になったり、青らんちゅうがエロモナスっぽい症状を見せていて、ちょっとモチベーションが下降気味。

このピンポンは長生きさせてあげたいな。



続きを読む

長男リベンジの琉金

はぁ~

やっと、ある資格の試験が終わりました。
日曜に川口から明大前まで行くのは難儀です。

市ヶ谷乗り換えなので、市ヶ谷フィッシュセンターに寄ってしまいました。

金魚も多めでデカい個体も多くて面白かった。
デカい金魚、いいな。
あれくらいなると貫禄ありますな。


家の金魚ですが、長男お気に入りの素赤の琉金が死んでしまいました。。

同じ水槽にいたピンポンパールも江戸錦もピンピンしてるので原因不明・・・


かねだい、安いのはうれしいのですが、回転が早いためか金魚の状態はいまいちなので、専門店へ行ってきました。


玄関水槽に入れてみました。

image



隠れていますが、すぐでてきました。

image



石組みも親石がでかかったので、抜いています。。


これって更紗琉金なんでしょうか?
よく分かりません。

image



白いところは、実際はプラチナのような光沢があり、赤は鮮烈な感じ。

見たことないタイプの琉金です。

これ、でかくなるとかっこいいと思うんですよね。


あっという間に金魚が増えました。


ピンポンパール2匹)
江戸錦
東錦
青らんちゅう
桜錦
更紗?琉金

あと1・2匹が限界かな。。


金魚ネタが続いたので、次回は水草ネタでいきたいと思います!

続きを読む

老舗の金魚屋さんへ突撃4

こんばんは!

また金魚ネタで失礼します~

先週末は江戸川区の佐々木養魚場さんへ行ってきました


image


金魚業界?では超有名な天保8年(1837年)から続く、老舗の金魚専門店とのこと。(詳しくはお店のHP参照)

ちなみに、金魚の三大産地は奈良県大和郡山市、愛知県弥富市、そして東京都江戸川区。

悲しいことに、江戸川区の生産はこの佐々木養魚場さんともう一件にまで減ったのだそうです。
もっとも、こちらも生産は茨城県で行っていらっしゃるそうです。

前置きはこれくらいで。


ここで購入した金魚はこちら。

image



『桜錦』です!

image



コロコロして可愛い~♪
らんちゅうと江戸錦を交配、その後またらんちゅうと掛け合わせて生まれた品種のようです。

うっすらと紅をさした口がまた可愛い~男だったらどうしよ(笑)


もう一匹購入しました。
こちらです。
image


image


『青らんちゅう』です。

image


これがまたかっこいい!
ブルーブラックというのか、にびいろというのか・・・

とにかくどっしりとした質感があるんです。魚型の文鎮のようです。

image



image


この躍動感いいですな~
元気いっぱいです。


で、面白いのがこの2匹の行動。
image



とにかく

image



いつも二人?で行動!(笑)

image



石も流木もないから落ち着かないみたいですね。

水質考えると石のほうがいいかも?
今度、入れてあげようっと。

そうそう、金魚って飼育人口が多いからか、思ったよりリーズナブル。
そのため買いすぎに用心せねば。

いつか玄関出たところくらいに外飼いしたいな~


らんちゅうの水槽飼い、思ったより面白いです。(もちろんもっと広いトロ舟のほうがベターですが)

とにかくぶさ可愛い(笑)!
続きを読む

玄関水槽立ち上げへ!

こんばんは~


寒いのと、湿度が落ちてきたこともあり、玄関に置いていたアクアテラを撤去しました。


そして、その跡地に金魚水槽を設置。

・・・
嗚呼、金魚にハマっている自分がいる・・・。




出来上がりの図。
image



どうして、水草水槽じゃないときにいいい感じの石組みができちゃうのでしょうか(T^T)

雑念がないからですかね。
まだまだ修行が足りません。


ちなみにこのようなレイアウトは三尊石組と呼ばれています。

そもそもは日本庭園で見られる様式なんですね。

仏像の三尊仏のように中央に背の高い主石(中尊石)を置き、左右に主石(中尊石)よりも低い添石(脇侍石)を配した構成です。

三尊は御釈迦様だったり阿弥陀如来、薬師だったり色んなパターンがあるそうです。

この三尊石組をアクアの世界に取り入れたのは、先日亡くなられたアクアデザイン・アマノ代表だった天野氏であることはかなり有名な話です。

ネイチャーアクアリウムを通じて、世界に日本の文化を発信した功労者として受勲されてもおかしくはないと思うのですが、どうでしょうか。
(水草レイアウトは綺麗ですが、あくまで表現手段だと思っています)

玄関ドアからの図
image




・・・渋すぎて家風にマッチしてません。。

まぁ、金魚が家族やゲストを楽しませてくれるでしょう!


住民は東錦一匹のみ。
VIP待遇です。
image



image


そもそもM水槽くらい小さい水槽で飼うのは推奨されていませんが、別にコンテストに出すわけでもないので、大きくなるまではこのようなスタイルで楽しもうと思います♪

みなさん、金魚面白いっすよ~!

続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • 八景島をおすすめする3つの理由