金魚は単なる愛玩動物ではないです

うぃ~酔っ払いました。

赤坂で餃子や中華が食べ放題、飲み放題で3,300円って安いっすね。
小学生は半額、幼児はロハなんて素晴らしい。
今度、一緒に来てみたいな♪


さて、タイトルに付けた意味、たぶん金魚を飼わないと分からないと思われ。

何を隠そう、自分がそうでした。
改良を重ねたであろう不自然な体系、発色、模様、琴線に触れることはなかったのです。

それがもう虜です。。

どっかで経験した感覚、そうそう、戌を飼った時に似てますね。


image




この表情、あなた魚ではないでしょ?
image




この間抜け顔。
image




このカメラ目線はもう知性を感じさせます。
image



これ以上は引かれてしまうのでやめとこう
image




この反転もニクいねぇ~
image



熱帯魚はグッピーにはじまり、グッピーに終る。

それを上回る金魚。

くどいですが、立派な日本文化。
外国人向けツアーなんか組んだら人気だと思うんですけどね。

金魚や鯉の刺繍が入ったグッズなんてバカ売れする予感。


続きを読む

ひさびさ陰性水草水槽の様子でも4

こんばんは~

水槽が大小5本、葉っぱ用のケージが大小3本もあると、毎日なにかしらやることが出てきます。

もちろん、生体に餌もあげないといけないし、葉っぱには霧吹きしたり、お水をあげたり。

端から見ると結構大変そうに見えるのかな~?

本人は楽しんでるんですがね。

趣味ってそういうものですしね。


アクアに葉っぱにカメラ。

10年前に結婚するまでは趣味らしい趣味もなかったので、かなりの進歩?です。

持ち家となり、環境が整ったことも大きいです。

一丁前に趣味らしい趣味を持ててることにどきどき驚きます。
完全に浮き世の煩わしさから解放される時間、なかなか貴重。

感謝ですね(^∧^)


さて、我が家の一坪庵。

名前のとおり一坪くらいしかありませんが、日本の住宅事情を鑑みると、恵まれた方ですよね。

image




この羊歯メインの水槽は、生体と陰性水草のストック水槽です。

image



先日まで2年前のソイルがそのままになってましたが、一念発起してきれいに撤去、
アクアグラベル(砂利です)に、流木に陰性水草と、多くの水草愛好者が行き着くであろうスタイル。

まだ安定していないため、盛大に油膜が出ています。

ここもヴォルテス2灯です。
image




もう1つの陰性水草。
60センチ水槽ですが、高さ45センチのハイタイプなので、そこそこの水量が入ります。

image



下から。
ステッカー第1号はたなきちです!


image




そうそう、livedoorブログに引っ越ししてから初めて動画をアップしてみました。
陰性水草なのに、光合成して盛んに気泡をあげているのをみると気持ちいいですよね~♪


 
<br  clear=left>
 


さて、うまくご覧いただけるといいのですが・・・。

続きを読む

じぶんちが浸水エリア!?

先日、ニュースを見ていたらこんな記事が。


■不動産屋が教える「物件買ったら損する街」(livedoorニュース)

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/10840307/


まぁ、内容は読んでいただくとして、最後に
ハザードマップで全域浸水エリアに指定されている川口市もNG。再開発が進み、駅前にはショッピングセンターやタワーマンションが建ち並んではいるが……


え、マジで?

さっそく川口市のWebサイトに国土地理院 電子地図のリンクがあったので確認してみた。


まず、自宅の最寄りの駅は標高5メートルほど。

うーん、これだけだといまいち立ち位置がわからん。


自宅を調べると標高は16メートル!

なかなかじゃないの?

そうだよね。
駅まで行くのに自転車だと行きはヨイヨイ、帰りは・・・だもん。



では、川口駅前は?
お、、標高2メートル・・・

そんなに標高低いんだ。。
すぐ横が荒川ですよね?
これは川口市民なら常識なのかな?


ちなみに、北九州市若松区の山の中腹にある実家は標高50メートルオーバー!(笑)


ちなみに隣の石峯山は300メートル以上あるのね。
久しぶりに登ってみたいな。


それにしても、
ハザードマップで全域浸水エリアに指定されている川口市もNG。再開発が進み……』はひどい。
川口市の『全域』ではなく、一部の地域なんじゃないの?

うちは川口市というより越谷市ににちかいけどさ。

1度みなさんも所縁の場所の標高を調べてみてはいかがでしょうか。


続きを読む

石組水槽、2ヶ月経過4

金魚ネタが続き、水草カテのバナーを貼るのにもためらいが出てきそうなので、久しぶりの水草ネタです。
(タナゴ釣りバナーは別格。笑)


9月のシルバーウィークに立ち上げた石組水槽ですが、いまいちな感じ。

スイッチが入ったようには感じません。

image



キューバパールグラスもグロッソも成長してますが、あの勢いが感じられません。
どっちかというと、苔の勢力が拡大してるような、そうでないような。

溶岩石が緑色に苔むしてきました(笑)

image




危ぶまれていたエラチネハイドロパイパーはそこそこ良く、グロッソがいまいちという不思議な状況


image



小さな葉がエラチネハイドロパイパーで、左下のくすんだ葉がグロッソですw

ロー水槽でアマゾニアにヴォルテス2灯、二酸化炭素ガッツリという鉄板の構成でなぜに??

まず疑ったのは水質。
キューバパールって硬度が高いほうがいいというのは有名な話。
そこで水替えは3日おきに実施。

また、底床肥料も追加しました。
フロラスティックやらイニシャルスティック、WATER PLANTS WORLDさんのカプセル肥料やら。

image



それでもいまいち効果は認められず。
余計に苔が増えていく始末。。


二酸化炭素も問題ないしなぁ。

image


ロー水槽のため水面までの距離が稼げず?という可能性があるかも。
ドロップチェッカーが黄色になるくらい添加しています。

アクアフォレフトのストーン、いいっすね。メンテの周期も長めでよかです。

話しは逸れましたが、残ったのは照明くらい。

え、そこ??、

そうなんです。
どうも、ヴォルテスが怪しい。
気づいたのは、この画像を撮ってる間に魚やエビも撮ったのですが、とにかく暗いんです。

確かに一年以上交換していないので光量が落ちていたのかも。

人間の目では眩しいくらいなんですが・・・

ということで、さらに下げて水面までの距離を縮めてみました。
ここまできたならもうもっとコケてもいいや。


さて、どうなるやら・・・。


おまけ。

image



ほんとに暗くて使えるものではありませんでした。
これらはライトを下げて取り直したものです。


image


エンペラーテトラ、ヒレがきれいになってきました。
うちに来たときはペンギンテトラみたいな感じでエンペラー感はなかったです。。
14477130722191



image


田螺も苔むして一番ネイチャーしてます・・・。


こんな感じで悪戦苦闘していますが、年内に緑の絨毯になるように頑張りますよ!

※育成にコツがあれば教えてください~(T^T)


続きを読む

長男リベンジの琉金

はぁ~

やっと、ある資格の試験が終わりました。
日曜に川口から明大前まで行くのは難儀です。

市ヶ谷乗り換えなので、市ヶ谷フィッシュセンターに寄ってしまいました。

金魚も多めでデカい個体も多くて面白かった。
デカい金魚、いいな。
あれくらいなると貫禄ありますな。


家の金魚ですが、長男お気に入りの素赤の琉金が死んでしまいました。。

同じ水槽にいたピンポンパールも江戸錦もピンピンしてるので原因不明・・・


かねだい、安いのはうれしいのですが、回転が早いためか金魚の状態はいまいちなので、専門店へ行ってきました。


玄関水槽に入れてみました。

image



隠れていますが、すぐでてきました。

image



石組みも親石がでかかったので、抜いています。。


これって更紗琉金なんでしょうか?
よく分かりません。

image



白いところは、実際はプラチナのような光沢があり、赤は鮮烈な感じ。

見たことないタイプの琉金です。

これ、でかくなるとかっこいいと思うんですよね。


あっという間に金魚が増えました。


ピンポンパール2匹)
江戸錦
東錦
青らんちゅう
桜錦
更紗?琉金

あと1・2匹が限界かな。。


金魚ネタが続いたので、次回は水草ネタでいきたいと思います!

続きを読む

一人遊び(東京の夜景)

昨日、人間ドックの結果に気をよくして、久しぶりに夜景撮影に行ってきました。


まずいつもの豊洲へ。

平日の夜だと光が多いかなぁと思ったのですが、マンションが多いせいか、いまいちビミョーでした。

image


トリミングしてワイド間を出してみました。



色温度でかなり雰囲気変わりますね。
違うパターンの色温度も貼ってみますので、見比べてみてください。

ちょっと引いて手前の風景を入れてみました。

image


4000kくらいかな??

image


これは6000kくらい?


豊洲から押上へ移動。

あてにしていた開放されている場所が時間外で閉門していて、仕方なくその付近で撮影。

これも色温度が違うパターンで。

image




ちょっとスカイツリーが斜めでごめんなさい( ̄▽ ̄;)

image



次は新しいところを開拓しようっと。



続きを読む

感謝の日5

今日は人間ドックでおやすみ。


大袈裟ではありますが、検査中は生きた心地がせず・・・てか、この数週間?

アメブロ時代からお付き合いのあるかたはご存知かもしれませんが、今春のドックで内臓にちょっとした異常が見つかったのです。

今回の検査ではそれが無くなったかのように見つからず・・・

目の前の霧がさっと開けたかのような


嬉しくて、また豊洲までドライブしてきました。


image




ここだけの話、検査中に頭に浮かんだのは家族と金魚(笑)


続きを読む

老舗の金魚屋さんへ突撃4

こんばんは!

また金魚ネタで失礼します~

先週末は江戸川区の佐々木養魚場さんへ行ってきました


image


金魚業界?では超有名な天保8年(1837年)から続く、老舗の金魚専門店とのこと。(詳しくはお店のHP参照)

ちなみに、金魚の三大産地は奈良県大和郡山市、愛知県弥富市、そして東京都江戸川区。

悲しいことに、江戸川区の生産はこの佐々木養魚場さんともう一件にまで減ったのだそうです。
もっとも、こちらも生産は茨城県で行っていらっしゃるそうです。

前置きはこれくらいで。


ここで購入した金魚はこちら。

image



『桜錦』です!

image



コロコロして可愛い~♪
らんちゅうと江戸錦を交配、その後またらんちゅうと掛け合わせて生まれた品種のようです。

うっすらと紅をさした口がまた可愛い~男だったらどうしよ(笑)


もう一匹購入しました。
こちらです。
image


image


『青らんちゅう』です。

image


これがまたかっこいい!
ブルーブラックというのか、にびいろというのか・・・

とにかくどっしりとした質感があるんです。魚型の文鎮のようです。

image



image


この躍動感いいですな~
元気いっぱいです。


で、面白いのがこの2匹の行動。
image



とにかく

image



いつも二人?で行動!(笑)

image



石も流木もないから落ち着かないみたいですね。

水質考えると石のほうがいいかも?
今度、入れてあげようっと。

そうそう、金魚って飼育人口が多いからか、思ったよりリーズナブル。
そのため買いすぎに用心せねば。

いつか玄関出たところくらいに外飼いしたいな~


らんちゅうの水槽飼い、思ったより面白いです。(もちろんもっと広いトロ舟のほうがベターですが)

とにかくぶさ可愛い(笑)!
続きを読む

この趣味をやっていて良かったと思う瞬間5


こんばんは~

いきなりですが

端から見たら水草や葉っぱ、お魚って、総じて地味な趣味なんだろうなぁと思います。


ホントはかなりエキサイティングなんですが。


これが趣味の世界なんでしょうね。


ゴルフやサッカーや野球とか、アウトドアなスポーツをやられているパパさんを見ると、眩しく感じる時もあります。


が、


こんな光景を見ると、まんざらでもないなと。

image




いつか長男が『うちってジャングルみたい』って言ってくれました。



実はその言葉が嬉しかったりします(笑)


続きを読む

玄関水槽立ち上げへ!

こんばんは~


寒いのと、湿度が落ちてきたこともあり、玄関に置いていたアクアテラを撤去しました。


そして、その跡地に金魚水槽を設置。

・・・
嗚呼、金魚にハマっている自分がいる・・・。




出来上がりの図。
image



どうして、水草水槽じゃないときにいいい感じの石組みができちゃうのでしょうか(T^T)

雑念がないからですかね。
まだまだ修行が足りません。


ちなみにこのようなレイアウトは三尊石組と呼ばれています。

そもそもは日本庭園で見られる様式なんですね。

仏像の三尊仏のように中央に背の高い主石(中尊石)を置き、左右に主石(中尊石)よりも低い添石(脇侍石)を配した構成です。

三尊は御釈迦様だったり阿弥陀如来、薬師だったり色んなパターンがあるそうです。

この三尊石組をアクアの世界に取り入れたのは、先日亡くなられたアクアデザイン・アマノ代表だった天野氏であることはかなり有名な話です。

ネイチャーアクアリウムを通じて、世界に日本の文化を発信した功労者として受勲されてもおかしくはないと思うのですが、どうでしょうか。
(水草レイアウトは綺麗ですが、あくまで表現手段だと思っています)

玄関ドアからの図
image




・・・渋すぎて家風にマッチしてません。。

まぁ、金魚が家族やゲストを楽しませてくれるでしょう!


住民は東錦一匹のみ。
VIP待遇です。
image



image


そもそもM水槽くらい小さい水槽で飼うのは推奨されていませんが、別にコンテストに出すわけでもないので、大きくなるまではこのようなスタイルで楽しもうと思います♪

みなさん、金魚面白いっすよ~!

続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • 八景島をおすすめする3つの理由