撒き餌に食いつく!4


image


逝ってしまいました…。

いまさらながら撒き餌購入。

なんせ四半世紀ぶりにリニューアル。
キャノンの一眼を使う上では欠かせないレンズ。

これで絞りやシャッタースピードの基本的なことを学ばせてもらうんだそうです(笑)



image
パッケージはこんなの。




image

軽い!



image

とりあえず6Dに装着…。


うん、まぁこんなものでしょう。

で、肝心の写りですが、いくら明るいレンズとは言え、室内は苦手です。

いや、そもそも腕が悪いのか。

そういう意味でも簡単には撮らせてくれなくて、それで勉強になる『撒き餌』なんでしょうね。

そんな凡打連発しながら、時々いい感じのものも撮れました。

image

結構寄れます。


image
ジバニャン召喚の構え。


image
これは、昔のフィルムっぽい!(と思ってる笑)


image
絞ってピントがあうと、はっとする写りに。


一万円代でこれだけ撮れればOKでしょう。
ガシガシ使ってみようっと。

これでまた2.8通しの望遠ズームが遠のいた…。

またまた水草・タナゴ釣りのネタでなくてスミマセン(^^;

続きを読む

祝!ライヤーモーリーがお産

おはようございます(^-^)


うちにいるライヤーモーリーに稚魚誕生!



image

こちらはママ。



image

20匹くらいいるかな?

結構産まれました。

稚魚BOXを使うとうまく保護できるもんですね。



image

紛れ込んだリシアがこんなに増えてしまいました…。

ちょっと使ってみるかな。


image

なんとなくアグラオネマとか。
そろそろ取り木してみよう。

平和な水曜日の夜でした。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


続きを読む

一人遊び(東京湾岸之夜景)

こんばんは~。

昨夜は急に思い立って、夕方から都内へgo!

image


日没までまだまだ時間あり。
これは間に合うか?

image

スカイツリーがこんにちは。

ガスで曇っていて、よく見えません。

風も強く一抹の不安が。

image

辰巳の団地。
寂れた感じがなんとも言えません。(失礼!)

ひとの気配もあまり感じられず、ちょい怖かった…。

image

逆に、振り返るとそこにはそびえ立つマンション群が。

今日の目標である東雲キャナルコートです。

豊洲みたいな、均一な町並みじゃないんですね。

昔ながらの町並みに突如として現れるタワー型マンション。

温度差ありすぎ、かなり違和感あります(笑)


曇天で強風、こりゃ撮影も厳しいな…。
と思いましたが…。


image


キタァァー!!

雲の隙間から西日が差して、なんとも言えない光景が。

午後7時近かったと思います。
もう夏至が近いんだなぁと納得。


そして、ブルーアワーの訪れ。


image

この時間帯は人間の眼では分かりませんが、徐々に暗くなっていきます。

カメラの設定もいじりながら撮影。

絞りとシャッタースピード、構図にピントに、色温度にと、あれこれいじるのが大変ですが、そのぶん面白いんです。


image


これで8時くらいだったか…。

もう少し暗くなって、家に明かりがもっと灯ると言うことなしなんでしょうね。



image


時間貸しのパーキングより。
なかなかここも良かった。

次なる夜景はどこにするかな~。

ひとりでウロウロするのも、独身時代を思い出すようでなかなか面白いものです。

続きを読む

そろそろ写真を整理しなきゃと思っている方へ。

ひさしぶりにいいサービスに会いましたのでご紹介まで。


昨夜、こんなものが届いておりました。


image


フォトブック。

『フォトコレクションプラス』というdocomoさんのサービスです。

※サクラではありません(笑)
一眼ユーザとしての意見となります~。


image

なかなかいいんじゃない~(^-^)

コメントも文字制限はありますが、ひとこと入れられます。

日付は撮影情報から自動で入ります。


image
あ、これは杉並の駄菓子屋さんだ。

このあと近くの交通公園とアテラリサーチさん行ったんだよな。。

こんなフォトブックが毎月届きます。

表紙と合わせて21枚の写真が使えます。
L判のプリントも選択可能で、そちらは30枚!

これで月額280円は安い!
(ちなみに増刷すると400円くらい)

ちなみに、フォトブックはこのような感じ。

CDの歌詞カードのようなものです。

image

厚くても収納に困るので、コストも考えるとよくできているとおもいます。


ちょうど、月に20枚程度現像して、アルバムにしようかなと思っていたところでした。


人間は忘れる生き物。
残酷なほどに忘れていきます。


大切な思い出も感動も薄れてしまいます。

フォトブックにしておけば、その時の気持ちもしたためられ、スマホやPCがなくてもすぐに見られますし~。

あ、ジジババにもサクッと増刷して送ってしまえば楽チンだな。

かなりおすすめです。

いちいちパソコンからキタムラに立派なのをオーダーしたり、アルバムを別に購入したりするのが苦手な自分にはツボにハマりました。

あ、そういう人がターゲットなのか(笑)続きを読む

困った性分で。

こんばんは~。

今週ももう木曜日。
早いもんですね。

夏至も近くなり、7時近くでも明るいです。

故郷の若松は30分くらい陽の落ち方が違うかもです。

この季節、思い出すのは草いきれのする森のなか、犬の散歩をしながら将来のことを色々考えたこと。

その時から変わってないな~と、ふと思い苦笑い。

内に籠るこの性格、どうにかしたいと思いながらここまで来ました。

シャイなおっさん、食えたものではありません(泪)

まぁ、気性というものはかわるものではないので、ケーユーエフユー、そう工夫(笑)でカバーしよう!

そう思ったりしています。



気を外に向ける。


準備をしっかりやる。



それで随分とちがうもんですね。




image


うちの玄関にある。
マリーゴールド?


image


これはなんの花だったけかな…(^^;


夏休みはお盆のあとになりそうです。

故郷の友人とまた四半世紀に会えるかも?
楽しみなようで、半分不安…。

決まったらアイツにに連絡しようっと。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村続きを読む

葉っぱを見ながら。

おはようございます!


最近は長男がバスケチームに入って土日が暇になってきました。

室内のバスケを一眼で撮ろうとするとかなりの難易度ですよね。

明るいレンズが高いんですよね~
しばらくアグラオネマや水草をオークションに出してコツコツ貯めないと。


さて。
かなーり前に杉並区のアテラリサーチさんで調達したアラハシラガゴケがいい感じになりました。


オーバル17に山谷石でレイアウト。

image



涼しげでよい。


image

隙間がまだあるな。

image
アップで


image
こちらはアグラオネマ・ロタンダム。
1年に一株しか増えない…。


image
葉脈が綺麗ですよね。
こんなのが自然にいたら、そりゃメダツナ


image
マコデス・ペトラ。
いわゆるジュエルオーキッド。
和名は南蛮籠目蘭とも言います。

これ最初見たときは衝撃だったな。
アグラオネマのトリカラーとともに、葉っぱを集めはじめたきっかけになった植物です。

image
こちらは1年で2~3株は増えますので、いまの時期
にご近所さんへ。いつもの御礼です。

ご近所さんにおすそわけしたら、逆に色々いただくようになってしまい、またその御礼が大変です(笑)

でも、嬉しいですよね。




最後にオブツーサ。

image

ぷりぷりです。ウマソー(笑)


と、至って平和な日曜の朝です。


さて、水槽のメンテナンスでもして、5歳の次男とスポーツセンターで水泳の練習でもしてくるかな~


良かったらポチっとお願いします♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村

水上と水中の景観を楽しむ方法

自分ちの玄関にあるアクアテラ水槽。


アクアテラって?という方に。

アクアテラとは水槽内に水中 部分と水上部分を作り、より自然の景観に近い環境を楽しむ手法です。


image


水中の水草を綺麗に生育するのは一定の経験と知識が必要ですし、水上はまた違うカテゴリの植物を使うので、その楽しみもあります。

当然、水上も向き不向きを考えて植物を植栽する必要あります。

水草を水中で楽しんで、次のステップでアクアテラに移行するアクアリストは結構いると思います。


image

これが水上部分。



image
そして、水中部分。
ハーフムーンという種類のベタです。
強い水流が苦手、派手、暑さに比較的強いとアクアテラにはメダカとともに鉄板だと勝手に思っています。



image

鏡に向かうとこの威嚇のポーズ。
かっこいい。




image
フィカス.sp


image

ダバリアラビットフット


このあたりはアクアテラでもいけました。
まだまだ色んな種類を試していきたいものです。

でかい水槽でやってみたいなぁ。



あ、そう言えば本日Facebookにアッブした画像。

うちの次男坊。

よっぽどお疲れだったようで(笑)

14333722121530







反対側から


このあとすぐ救助したのは言うまでもなく。

14333722571451


早く帰られた日はいろんな発見があるもんですなぁ。


良かったらポチっとお願いします~
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村




にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村

法のもとの平等がもたらす不平等

こんばんは~


今更ながら先日の大阪都構想の住民投票について少し。

『法のもとの平等』ってあるでしょ?
それがもたらす不平等、悪影響もあると思うんですよね。

要はお年を召した方々が現状維持を望んで、そのボリュームが大きすぎて否決されたと。

大阪市はどう考えても借金まみれで、自助努力で更正できるとは思いません。

自分が受けている手厚い社会保護がなくなる、またはレベルが下がる、そうなれば反対しますよね。

人口構成からすると若年層がシニア層に勝てないのは明白。

これって考え方によっては不平等だと思うんですよね。

より未来がある20~40代の意見を重く見るのは不平等なのでしょうか?

同じような問題が年金でも起きています。

このままではジリ貧になるのは目に見えています。

そりゃ、若者は希望なんて持てませんよね。
やばいよ、ニッポン。


ふぅ。

このまま終わるのもアレなんで、そのシニア世代のご近所の方からいただいた、ナデシコの仲間。


image


春には桜の枝、夏にはカブトムシを持ってきてくださる素晴らしいお方です。

野菜やお花もよくいただきます。

そういうシニアには穏やかに老後を過ごして欲しいと思います。


安心して若い人に任せても問題ないですよ。

自分の親や祖父母に無体なことはしないですって。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村

水草水槽のメンテナンス。

こんばんは。

昨日は長男の小学校で運動会。

暑かった~みんな顔が真っ赤です(笑)


昔は9月がメジャーだったのが、暑くて5月に変更した学校が多いようですが、これでは逆効果ですな…。

新学期早々、生徒も先生も慣れていない中で準備を進めるので、完成度低いです(苦笑)

これなら9月のほうが良かったかも。
台風もシーズン問わずになってきたし。



さて、タイトルの水草水槽って聞き慣れない人がほとんどだと思います。

単語としてご存じの方はそこそこアクア歴が長い方とお見受けします。

観葉植物にはヒーリング効果があるとよく言われることですが、水草がたくさん繁った水槽も同じような効果があると思います。


ほとんどの水草は水かえが大好き。

私も水かえが大好き。

自宅の二畳ほどの半地下に専用の水場を作っており、浄水器からチョロチョロと直接流し込む。

水草に気泡が付き、水がキラキラと透明度も上がったように感じます。

image


水かえで水草ともど癒される…そっちかい!


水草も植物だから光合成します。

覚えてますか?
植物は水・光・二酸化炭素から糖分を合成し、成長します。
その過程で酸素を排出する こと。

それを水槽内で実現するために、強制的に二酸化炭素を添加して更に光合成を促します。

緑色のビールサーバ用の大型ボンベから三分岐したものからミュージックグラス経由で。

image


パレングラスミュージックグラス、好みでいいと思います。性能はさほど変わらないようですね。


水草が元気だと生き物たちも元気になります。
うまくバランスが取れてる証拠。

世界では毎年日本の半分ほどの面積の森林が消滅しているそうです。
そのうちの半分は砂漠になるとも。

あのアマゾンもあと50年でなくなると言われています。


そのアマゾンのあるブラジルからきたレッドファントムルブラ

image



レッドチェリーシュリンプ(これは東南アジア産かな)
image



こんな感じでぼちぼち更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村


にほんブログ村 釣りブログ タナゴ釣りへ
にほんブログ村

本ブログをはじめるにあたり。

他のサイトでブログを始めて4年。

そろそろ個人として責任ある立場で情報発信したり、リアルでの繋がりをもっと充実したいため、livedoorブログを始めます。

どうぞよろしくお願いします。

2015.5.28
たつや

image
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • コケテラリウム立ち上げ
  • 八景島をおすすめする3つの理由